「魔導石」を手に入れるのに 自分のお小遣いを使っているなんて、時代遅れよ!

ぷよクエ 攻略 回復系キャラ特徴比較!天使・フィバ回復・ぐるみぃの使い分け

Sponsored Link

ぷよクエ フローレ ☆6 ぷよクエ オトモ ☆6 ぷよクエ うさぐるみぃ ☆5

ぷよクエで回復系のキャラって使ってるかしら?
マルチで特殊素材が入手しやすくなったのを受けて
育てようかな〜、と思ってる人もいるかもしれないわね。

しかし、悩むのが『一体どのシリーズを育てたらいいのか?
☆6チョコも100点テストも両方いる…という
フィーバー回復シリーズと天使シリーズ、
そしてHPの割合分の回復スキルをもつきぐるみぃ。
この3シリーズで特徴を比較していくわよ!

 

今回比較する3シリーズ

ぷよクエ フィーバー回復シリーズ

フィーバー回復シリーズ
ぷよクエリリース当初からいる5人ね。
☆6は割と最近実装されたわ。

 

ぷよクエ 天使シリーズ

天使シリーズ
復活スキルを持つ光の学園の5人。☆6にできるわ。

 

ぷよクエ キグルミィシリーズ

きぐるみぃシリーズ
最大体力の何%分をHP回復できるキャラよ。
体力タイプだけど、スキルが回復系なので今回含めるわ。

入手は魔導石ガチャから。
フィーバー回復だけはシルチケガチャなどでも入手できるわ。

 

最大レア度でのスキル情報

シリーズ名 発動ぷよ個数 スキル内容
天使 ☆6 50 同色属性の仲間を1人、HP1で復活
フィーバー回復 ☆6 30 味方全体にこのカードの「かいふく」×4の回復
キグルミィ ☆5 30 同属性カードの最大HPの50%回復

 

天使は戦力復帰できるだけあって、50個と必要な数が多いけど
あとの2シリーズは30個と少ないから発動しやすいわ。

 

最大レア度・最大レベルでの回復値比較

フィーバー回復 1270 1334 1302 1334 1302
天使 1557 1633 1595 1633 1595
キグルミィ 298 326 312 326 312

フィーバー回復は上記×4で、5080〜5336程度の回復量になるわ。

一応ぐるみぃも載せたけど、彼女達は体力タイプだから土俵に立てないわね…

これらはリーダースキルやタワー補正なしでの値よ。
上限まで育てたとき、一番回復値が高いのは天使ね。
フィーバー回復も、他キャラに比べれば余裕で高い方よ。

 

スキル内容不問で他に回復値が高いのは…

・☆6 ラビットダンサー

ぷよクエ ラビットダンサー

 

・☆5 ケーキシリーズ

ぷよクエ ケーキシリーズ

 

・☆6 なつかしのぷよキャラシリーズ

ぷよクエ なつかしのぷよぷよキャラシリーズ

このあたりね。

 

3シリーズのその他特徴・比較

・最大レア度でのコスト
ぐるみぃ18 <フィバ回復22 <天使24

 

・スキルの対象属性
天使・ぐるみぃは同属性のみ
フィーバー回復は属性問わず全員対象

混色だと天使・ぐるみぃは最大限効果を発揮できないわね。
混色パ主力ならフィーバー回復がオススメよ。

 

・☆6フィーバー回復 VS ☆5キグルミィ 回復量
フィーバー回復が☆6レベル最大だと、上の表の通り回復量は5080〜5336程度。(これにギルドタワー補正等がつく)
同じ回復量をきぐるみぃで出すには、デッキのメンツがHP1万以上あることが条件。

デッキのHPが1万以下… 回復量 フィーバー回復>キグルミィ
デッキのHPが1万以上… 回復量 キグルミィ>フィーバー回復 となるわね。

よって、体力パの場合はきぐるみぃの方がオススメよ。
デッキ全体を体力タイプ固めでSUNリーダーにし、
HPモリモリにする場合は相性◎!

ぷよクエ ☆6キキーモラ ぷよクエ ☆5 わんぐるみぃ

 

・天使は両シリーズと相性◎
復活後はHP1の状態だから、すぐ回復できるよう
ハートBOXがある状態で復活させたり、
他の回復キャラと合わせて使うといいわ。

混色パで天使を入れるならフィーバー回復が、
単色ならぐるみぃでもいいわね。
他の回復スキル持ちが一緒にいると安定するわ。

 

以上、フローチャートで表すとこんな感じね。

ぷよクエ フィーバー回復 天使 キグルミィ

 

天使は回復値は高いけど、スキルが50個というのがネックなのよね…
ギルイベでガーディアンのかばいと合わせてループさせるにはもってこいだけど
漁師がいないと発動まで時間がかかるわ。

キグルミィや天使を入手したい…けど石はない!
という場合はこちらでゲットよ!

ぷよクエ アビス へんしん合成

「魔導石」を手に入れるのに 自分のお小遣いを使っているなんて、時代遅れよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ